MENU

浮気の発覚判明してすべきこと

信じていた旦那が浮気!妻にとって、こんなにショックなことはありません。しかし、浮気という重大事件が発覚した時こそ、冷静に対応する必要があります。

 

 

絶対に旦那を責めてはいけない

 

・旦那の浮気が発覚すると、たいていの妻は怒り狂い旦那を問い詰めることでしょう。昼ドラや映画の中でも浮気夫を責めるシーンが出てくるので、当然の反応だと思われがちですが、実はこれはもっともやってはいけない行動なのです。

 

・旦那に裏切られたショックで、妻が怒り狂うのは当たり前です。しかし怒りの感情は冷静な判断力を失わせ、言ってはいけないひと言を口にしてしまったり、思わぬ激しい行動を取ってしまいます。浮気をした旦那は、多かれ少なかれ妻に対して不満を抱えていたり愛情が欠けていることがほとんどです。中には離婚を覚悟して浮気をしている場合もあります。そんな気持ちのときに、怒り狂って夫に暴言を吐き感情的になった無様な姿を見た夫はどのように思うでしょうか?ますます心が離れてしまうことは必須です。

 

・鬼のような表情の妻と「もう一度やり直したい」と思う旦那はまずいません。それどころか逆に、浮気相手のほうに気持ちが傾くことになってしまうことでしょう。ついつい出来心でやってしまったお遊びの浮気だったかもしれないのに、妻のそんな姿を見せ付けられたことで妻への愛情がなくなって旦那に離婚を決心させる結果にもなりかねないのです。

 

・もう一つの理由は、浮気の証拠がつかみにくくなってしまうためです。浮気の証拠を充分につかみきれていない状態で旦那のことを責めてしまうと、証拠を完全に隠されてしまいます。大半の妻は「なんとなく怪しい」などの“女の勘”を働かせて浮気に気づきますが、勘というものはあくまでも想像であって法的に認められる証拠とはなりません。

 

・決定的な証拠もないのに旦那の浮気を責めてしまうと、旦那の心を頑なにして夫婦関係をこじらせてしまいます。責められたことで意固地になった旦那は、浮気をやめるどころか浮気の証拠をすべて隠すか捨ててしまいかねません。そうなると探偵に浮気調査を依頼しても満足な結果を得られず、将来離婚することになっても、妻にとって不利な条件で離婚することになりかねません。

 

 

浮気の証拠を集めましょう

 

・まだ浮気の決定的な確証を得ていない場合は、浮気の証拠を集める必要があります。まずは普段の旦那の行動や言ったことなどを、くまなくノートに書き込んでおきましょう。旦那のケイタイやPCを見ることができるのであれば、メールの送受信履歴やSNSなどをチェックし、コピーできるものを保存しておきましょう。画面をカメラで撮影しておくことも有効です。旦那がくずかごに捨てたレシートやクレジットカードの明細書なども、拾って保管しておきましょう。鞄の中などの持ち物のチェックも重要です。スーツや下着などに女の臭いが残っていないか確かめる必要もあるでしょう。車の中に女の残した小物や長い髪の毛などがないか、くまなく探してみましょう。カーナビでどこに行ったのか確認しておき、走行距離もチェックしておきましょう。もし証拠を掴むのが難しい場合は、探偵などのプロに依頼するのもよいでしょう。

 

・証拠が集まったら次はどうするか決めなくてはなりません。これは、妻の中で旦那の浮気をどのように捉えるのかが決めてとなってきます。「もう一度やり直したい」のか、「離婚したい」のか、「ひとまず傍観する」のか。もし、浮気をした旦那とはもう一緒に暮らせない、と感じたのなら離婚にむけて話し合う必要があります。今まで集めた証拠を旦那に突きつけて、離婚を切り出しましょう。感情的になって旦那と上手く話せないと感じたら、弁護士などの専門家に仲介してもらうと、話し合いがスムーズにいく場合もあります。

 

・すぐに離婚を切り出さずに、様子を見る方法もあります。浮気の証拠はにぎっているのですから、最後の切り札として隠し持っておくことができます。その状態で旦那の様子を観察してみるのもよいでしょう。旦那がなぜ浮気に走ってしまったのか、夫婦の間が冷めていなかったか、自分にも問題はなかったかなどを冷静に考え、問題があればさり気なく正していくようにしましょう。家庭内が改善されると旦那も浮気相手と別れ、すんなりと家庭に戻ってくることもあります。様子見の際は、浮気の証拠をにぎっていることは悟られないようにしましょう。浮気を知っていることを悟られてしまうと、旦那は妻に不信感を持ち気持ちが離れてしまう可能性があるためです。

 

・証拠をつかんだ後は、離婚をするしないは別として旦那と話し合ってみるのもよいでしょう。そのとき決してやってはいけないことは、感情的になって旦那を責めることです。感情的になっても旦那の心が離れるだけです。そして、証拠を出す時には言い逃れできないようにしておきましょう。言い逃れされてしまうと証拠としての価値が低くなってしまいます。まずは、旦那に浮気を認めてもらうことが大切です。その後で、なぜ浮気をしたのかいつから浮気をしていたのか問いただしてみましょう。