MENU

浮気で離婚したいくない時は

浮気をした旦那とは、もう一緒に暮らせないと思うのも無理はありません。旦那が浮気をしたら、離婚を考えるのは当たり前です。しかしその一方で、浮気されたけど離婚したくないと考える妻もいます。そんな浮気され妻の本音とともに、浮気された場合の対処方法についてお話いたします。

 

 

離婚したくない妻の本音

 

・経済的な理由
旦那に浮気されたけれど妻が離婚しない理由の第一が、金銭的な問題です。収入のない専業主婦にとっては、離婚は経済面で痛手となります。たとえ浮気するような最低な夫でも、今のまま結婚生活を続ければ安定した収入が入ってきますが、離婚してシングルマザーになってしまえば金銭的に苦労をするのは目に見えています。収入だけではなく、離婚したら健康保険料や年金まで自分で賄わなくてはなりません。現在フルタイムで働いていたり手に職を持ってでもいない限り、浮気されたからといって即離婚するのは賢明とはいえません。

 

・子供がいる場合
浮気されたことで愛情が冷めてしまった旦那でも、子供たちにとってはいい父親の場合もあります。そうなると、旦那の浮気問題のとばっちりで子供から父親を奪ってしまってよいものかと悩んでしまいます。子育ては母親はもちろん、父親にしかできない役目もあります。女としてではなく、母親として考えたときにどんな旦那でも家にいて欲しいと思うのは当然ですし、旦那も子供とは離れたくないのが当たり前です。それに、いまだに離婚家庭への偏見があることを考えると、子供を辛い目にあわせたくないと躊躇するのが妻の本音といえるでしょう。

 

・浮気相手に負けたくない
旦那に浮気された時点で、女として相手の女性に負けた気分になる妻は多いことでしょう。浮気相手が自分よりも若くて美人であれば、敗北感で押しつぶされてしまうかもしれません。逆に相手が自分より年上で容姿が劣っていたとしても、それはそれで屈辱感を覚えてしまいます。自分に男を見る目がなかった後悔と、そんな女を浮気相手に選ぶ夫に幻滅することでしょう。浮気した旦那を許せず、たんまり慰謝料をもらってさっさと離婚したいと思っても、浮気した旦那とその相手の女がその後幸せに暮らすのかと思うと、それもまた悔しい気持ちになってしまいます。

 

・1人になりたくない
まだ若く子供のいない妻であれば離婚しても新たな人生のスタートを切ることができますが、30歳を過ぎている場合はやり直しは難しいといえます。浮気した旦那のことなど忘れて誠実で素敵な男性と再婚しようと思っても、年齢が上がると出会いやお付き合いのチャンスは低くなります。子供がいる場合は、さらに難しくなると思ったほうがよいでしょう。30歳を過ぎると新たに仕事を見つけることも厳しくなるので、離婚した後の仕事や収入のことを考えるとなかなか踏み切れないのが本音といえるでしょう。それに、パートナーがいなくなって一人になった人生は寂しいものです。

 

・旦那をまだ愛している
どんなに浮気をされても、「旦那を愛している」という理由で離婚したがらない妻もいます。浮気はもちろんショックですし心を傷つけられますが、恋人だったときや新婚時代、いままでの結婚生活など二人の歴史を思い浮かべると、浮気をしたからといって簡単に切り捨てることもできません。こういったタイプの妻は精神的にも金銭的にも旦那に依存していることが多く、周囲から「もう別れたほうがいいよ」とアドバイスされても聞く耳を持たないことがほとんどです。

 

離婚したくないときの対処法

 

・浮気の証拠をにぎっておく
離婚しないのに、浮気の証拠が必要なの?と思われるかもしれません。ですがこれは、万が一旦那から強制的な離婚をされそうになったときに有利に働きます。原則として、有責配偶者(浮気した側)からの離婚の請求は認められません。浮気した旦那から「浮気相手の女と一緒になりたいから離婚してくれ」と言われても、法的には通用しないのです。もしも旦那から法的措置を取られそうになったときに、旦那が浮気している証拠を押さえておきましょう。

 

・浮気の証拠の集め方
まずは、旦那の言動をメモに書き出しておきましょう。普段から日記をつけておくのもよいかもしれません。旦那のケイタイやPCを見る機会があれば、メールやLINEなど証拠になるものをコピーして保存しておきましょう。画面を写真に撮影しておくのも有効です。旦那がゴミ箱に捨てたレシートや、クレジットカードの明細書などは拾って保管しておきましょう。車の中に女が残していった小物や、長い髪の毛などがないかも探してみましょう。走行距離をチェックしておくのも忘れないようにしましょう。

 

・プロに助けを求める
もしも自分だけで証拠を集めるのが難しいときや、なかなか浮気の尻尾をつかませない旦那の場合は、プロである探偵に協力してもらうのもよいでしょう。浮気問題に詳しい弁護士に相談して、夫婦関係をやり直す方法のアドバイスを貰うという手もあります。